不動産売却の全体の流れを確認しましょう。

【1】売却のご相談

不動産を売却する際、最も大事なのが
「売却理由」と「条件」です。
売却のみか、買い替えか、時期はどうか
によって方針が見えてきます。
また、売却にかかる費用もおさえておくこと
が大切です。



【2】売却不動産の調査・査定

調査のポイント

売却後のトラブルを防ぐには、調査
(①権利・法令②土地③建物
④周辺環境ほか)が必要です。
さらに物件の詳細な状況を明らかに
することで買主様に安心して購入
いただけます。
また、建物に瑕疵保険を付けることで
売主様のリスクを軽減することができます。

査定のポイント

一般的な不動産価格の査定は、
取引比較法、原価法などがあり、
市場動向やエリア特性などを考慮
して価格を査定します。
また、ミサワホームでは、リフォームなどの
建物の価値アップ分を価格査定時に
考慮します。



【3】売却の依頼先を決める

売却を依頼する不動産会社選びは
とても重要です。
不動産売却では、売主様のプライベート
な内容(ローンの残債や家族に関する
ことなど)を明かさなければなりません。
したがって、信頼できる会社を選ぶこと
が大切です。
また、建築をよく知っている会社、
売主様の話を親身になって聞く会社
を選ぶこともポイントです。



【4】売却のご依頼(媒介契約締結)

不動産売却を正式に依頼する場合、
媒介契約の締結が必要になります。
媒介契約は宅地建物取引業法
によって定められた行為で、

①専属専任媒介契約
②専任媒介契約
③一般媒介契約

の3種類があり、売主様が選択できます。



【5】売却活動

インターネットやチラシ、全国に広がる
ミサワホームの不動産ネットワーク(MRD)
を活用して売主様の売却をバックアップします。
そして、各種販売活動によりお問合せいただいた
お客様にご内覧いただきます。



【6】売買契約の締結

購入申込書に記載されている内容をもとに、
ご売却の条件に合致するかどうかを確認して
いただきます。
売買契約は売主様のご理解とご納得の上で
締結されます。



【7】決済とお引渡し

売買契約の内容に基づき、お引渡し
(残金の受領・鍵のお渡しなど)を
行います。
また、司法書士の立会いの下、
所有権移転登記手続を行います。



【8】お引渡し後の手続

お引渡し完了後、税金の申請や確定申告
が必要です。
売却(譲渡)したときに利益が出たか、
損失が出たかによって申請方法が異なります。
ご売却後の確定申告や、新しい物件のご購入
についても、お気軽に不動産担当まで
お問合せください。

売却査定依頼