インスペクションの記事一覧

インスペクションとは、

国土交通省の定める講習を修了した建築士などの専門家が行う建物診断


のことです。建物状況調査ともいわれます。


インスペクション(建物状況調査)は、建築士などの専門家が、住宅の
劣化状況について調査を行い、欠陥の有無や補修すべき箇所を診断します。

目視による診断が基本ですが、調査会社や依頼主の要望によっては
専門的な機器を使用したり、床下や天井裏などに立ち入ったりする
ケースもあります。

インスペクションの実施の有無、および結果については、重要事項説明書に
記載する義務があります(2018年4月1日以降、宅地建物取引業法の改正により)。



売主様が実施するメリット

①引き渡し後のトラブル回避

 買主様…
建物の「瑕疵(かし)担保責任」とは

瑕疵とは、たとえば雨漏りなど、住宅が本来持っている品質や性能を欠くことをいいます。

一般的には、雨漏り・シロアリ・構造上主要な部位の木部腐食・給排水管の故障
について隠れた瑕疵(売主様も知らない欠陥)が見つかった場合、引渡完了日から
3か月以内に請求を受けたものについては売主様が補修の責任を負います。

※民法の改正により、2020年4月1日より、瑕疵担保責任は「契約不適合」の責任
  に変更されます。


瑕疵(かし)保険とは

既存住宅については、上記の瑕疵担保責任について明確な説明が少ないことが多く、
トラブルのもとになっています。

そこで、国が推進する任意の制度として、「既存住宅売…